素材の利用法

ホームページ作成に使う素材の利用法

ホームページ作成には多くの素材が利用されます。最も多いのが画像であり、現代のホームページでは画像なくしてホームページ作成はできません。また、場合によっては動画が利用されることもあります。しかし、これら素材に関する利用方法がらみの問題は頻繁に発生しており、その利用方法には注意しなければなりません。

ホームページ作成で利用される素材は様々なところから入手することができます。例えば、インターネット上にあるものをダウンロードして使うこともあれば、自ら撮影や編集を行ってホームページ作成をする場合もあります。

まず、インターネットから利用する場合に問題になるのが許諾利用範囲です。これは、ホームページの使用用途や素材の利用範囲について素材の提供側が規定していることがほとんどです。この規定項目を守って利用しなければ、提供者から苦情が寄せられたり問題が発生することもあります。例えば、商用利用不可のものを会社のホームページに利用してしまったり、再配布止のものを自分のホームページで配布してしまうことが当たります。

また、自ら撮影した画像についても注意が必要です。自分で作成した素材なので自分のホームページ作成に利用することは何の問題もないように思えますが、撮影内容次第では著作権の問題が発生する恐れがあります。例えば、ある人物を撮影した写真をホームページで公開しようとすると問題になるのが肖像権です。

この肖像権がかかわるような人物画像を公開するには、撮影されている人物の許可を取らなければなりません。この他にも、自分で撮影した動画の内容によっては公開時に注意が必要なものもあります。例えば、録画したテレビ番組をホームページ作成に利用し、公開することは著作権違反になる可能性があります。

このように、ホームページ作成で必ず必要となる画像や動画などの素材にはそれぞれに利用法や規定事項があります。それは、提供側が規定しているものもあれば、法律で制限されているものもあるため制限事項に該当しないかどうかの確認が必要となります。

提供側の規定であれば利用規約をよく読んで把握することが必要です。特に、フリーで公開されているものには多くの規定事項があることが多いため気を付けなければなりません。また、自分で作成したものに関しても法律の制限を受けることが少なくないため、主に著作権に関する項目を把握しておく必要があります。これらのルールを守ったホームページ作成をすることで問題の発生を抑えるようにしなければなりません。