CMSというツール

最近のホームページ作成で用いられるCMSというツール

現在のホームページ作成によく使われるツールとして、CMSがあります。CMSとはコンテンツマネージメントシステムの略称です。なぜCMSがホームページ作成のツールとしてよく使われるのかというと、あまり手をかけることなく簡単にウェブサイトを作ることが可能だからです。

CMSがなかった頃のホームページ作成はどのように行っていたのかというと、まず、エディタを使ってHTMLやCSSを書いていくという方法がありました。しかし、この方法はHTMLとCSSの知識がないと円滑に進められないことに加えて、詳しい人でも時間がかかるという問題がありました。なので、ホームページ作成プログラムを使う人も多かったのですが、プログラムを利用する場合、ホームページ作成者の意図通りにHTMLを記述できないことがあり、その部分を修正するために余計に時間がかかってしまうという問題点がありました。

しかし、CMSというツールが出たことによって、それらの問題はクリアされるようになったのです。まず、CMSの場合、ウェブサイトのコンテンツを入れる型枠、つまりテンプレートがあらかじめ存在するため、HTMLやCSSを一から書くという作業が不要です。勿論、デザインをオリジナルにしたいという場合は、以前と同様に、HTMLとCSSを書かないといけませんが、HTMLについてはCMSのテンプレートを活かせるので、実質的にCSSの記述のみで済むのです。

また、CMSのテンプレートはSEOに対応しているのが一般的なので、ホームページ作成プログラムよりもルールに沿ったHTMLになっていることが多いです。なので、HTMLの修正は最小限で済みます。

CMSを利用する場合の注意点としては、運用する場合はそのCMSが動作するサーバーを使わないといけないということが挙げられます。たとえば、CMSの多くでデータベースとの連携が必要になるので、データベースが使えないレンタルサーバーでは動かすことが出来ません。CMSが最初からインストールされている無料サーバーも存在しますが、データベースが使えるサーバーは有料であることが多いので、CMSを利用するのであれば、基本的には有料サーバーを借りないといけないということになります。

なので、ホームページ作成にCMSを用いる場合は、毎月のサーバー代を考慮するようにしましょう。ただ、安いサーバーであれば、毎月100円程度でCMSを運用することが可能です。”